5月 | 2016 | 池袋の美容皮膚科・美容外科ならみずほクリニック

美容外科・美容皮膚科形成外科・一般皮膚科池袋駅西口・完全予約制

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • ご予約・お問い合わせ:03-3987-1161
みずほクリニックTOP » ブログ » 美容皮膚科 » Qスイッチ・ルビーレーザーによるホクロ除去治療2

Qスイッチ・ルビーレーザーによるホクロ除去治療2

2016年05月30日(月) | カテゴリ:美容皮膚科, その他の美容皮膚科

ホクロを除去する方法には、様々な方法があります。
当院では、オーソドックスな

1.炭酸ガスレーザー 
2.電気分解 
3.メスによる切除縫合(保険診療と自由診療あり) 

などの他に、Qスイッチルビー・レーザーによるホクロ取りをお勧めすることがあります。

Qスイッチ・ルビーは、本来しみやあざを除去するためのレーザーですが、
モードを変えて、少々強めのパワーで重ね打ちすることで実はホクロも取ることが出来ます。

この方法の良いところは、炭酸ガスレーザーや電気分解によるホクロ除去治療に比べて
かさぶたがあまり目立たないという点です。

テープなどももちろん必要ありません。
ほくろの表面に、肉眼で分からないくらいの微妙なカサブタが出来て、
少しずつ色が抜けてゆき、ある日気がつくとホクロがほとんどなくなっていたという経過をたどります。

ある意味、しみ取りのレーザー治療よりも
さらにストレスの少ない治療と言えるかもしれません。

以前に当ブログ内の記事で紹介したことのある患者さんですが、
あれからももう一度Qスイッチ・ルビーレーザーを使用して
ノーマル・モードとQスイッチモードで重ね打ちした結果、
さらにほくろが薄くなりほぼ分からないくらいになりましたので結果を掲載します。

下が施術開始前の状態。

 
そして、下が1回目の照射後2ヶ月目の状態。

  


右頬の2つは、かなり薄くなりましたが、
左頬のほくろに関してはかなり色素が濃く、わずかな盛り上がりもあったため
1回の照射ではわずかしか薄くなっていません。

さらにもう一回パワーを上げてノーマルとQスイッチの重ね打ちを行いました。

それが下の結果です。

 
2回の照射でこの結果なら、炭酸ガスレーザーや電気分解で削る方法より
むしろうまく行っているように見えます。

このような濃さのほくろの色を薄くしようとして炭酸ガスレーザーで削った場合、
若干陥没してしまう可能性があります。

かと言って、陥没しない程度に気を付けて削ると、かなり色が残り
最初とあまり変わっていないという結果に終わることでしょう。

Qスイッチ・ルビーレーザー照射後の様子を実際に患者さんに聞くと、
かさぶたがほとんど気にならない程度にホクロの上にわずかに生じ、
気がつくといつの間になくなっていたとのことでした。

もちろん、イボ状にふくらんだホクロに対してはこの方法単独では無理があるため
炭酸ガスレーザーや電気分解で削って高さを平らにしておいて、
さらに残った色素に対してQスイッチ・ルビーレーザーをかけることになりますが、
最初から平らで色の濃い黒々としたホクロに対してはこの方法単独でもかなり有効です。

Qスイッチ・ルビーレーザーによるホクロ除去は、
炭酸ガスレーザーや電気分解法で満足な結果を得られなかった方や、
色素が再発してしまった方にもこの方法を一度是非お試し頂きたいです。
※Qスイッチ・ルビーレーザーの詳細はこちらです。

<本ブログの症例に関する情報>

治療名:Qスイッチ・ルビーレーザーによるしみ治療 費用:10,000円/回 2回照射
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:腫れ、内出血、水疱形成、熱傷、熱傷による色素沈着など
治療内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ


1 / 512345
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • ご予約・お問い合わせ:03-3987-1161
池袋西口の美容皮膚科・美容外科みずほクリニック院長のブログです。当院では美容医療だけではなく、逆さまつ毛、眼瞼下垂、ワキガ治療などの保険診療も行っており、少しでも幅広く、地域の医療振興に貢献できればと考えております。