みずほクリニックTOP » ブログ » 美容外科 » 顎下のたるみ解消にクールスカルプティング・エリート症例

みずほクリニック院長ブログBlog

顎下のたるみ解消にクールスカルプティング・エリート症例

2022年12月12日(月) | カテゴリ:美容外科, 脂肪吸引・痩身・ダイエット

脂肪除去・痩身系の機器として、当院では以下を取り揃えております。

・クールスカルプティング(クルスカ)・エリート
・スカルプシュア
・スターフォーマープロ

クルスカとスカルプシュアは脂肪に働きかけることで、
またスターフォーマープロは筋肉に働きかけることでボディ・シェーピングを行います。

いずれもご指名が多い痩身マシンですが、
その中でもクルスカは、脂肪冷却方式で脂肪細胞を破壊し「1回の施術」で
効果を実感出来るマシンとして非常に高い人気を誇っています。

脂肪冷却痩身マシンのクルスカは10年以上前から存在し、
その効果についてはすでに多数の医療機関で実績証明済みの治療機器ですが、
このたび2022年夏にフルモデルチェンジをし、
本体・名前とも刷新し「クルスカ・エリート」として日本に再上陸を果たしました。
(当院で導入したマシンはこちらの最新型です)




徐々にこの機種に切り換えているクリニックが増えつつあると聞きます。

新機種クルスカ・エリートの主な改良点としてあげられるのが、
吸引機能の強化と本体からでるハンドピースが1本だったものが2本となり、
施術時間が約1/2に短縮されたという点です。

実際に当院で行った症例を見てみましょう。




上は顎下の贅肉とたるみを解消したいとのことで
当院にご相談に来られた31歳の女性です。

脂肪吸引手術など侵襲のある施術は考えていないということで、
クルスカ・エリートを試して頂くこととなりました。

施術では、クスルカのカップを顎下に装着していただき、
椅子に腰掛けて携帯を見ながら30分ほどくつろいで頂きます。

施術開始直後は、脂肪を冷却することでひんやりとした冷感がきますが、
じきに皮膚の知覚が麻痺して何も感じなくなって慣れてゆきます。




上の写真が、施術を行って3ヶ月経過したところです。

顎下の脂肪が除去されて、
術前に比べて首にくびれが生じていることがお分かりいただけるかと思います。

改めて術前後の比較写真を掲載します。
(左:術前、右:術後)



脂肪除去治療にはマシンの他に、脂肪溶解注射などもありますが、
いずれも複数回繰り返して施術を行うことでダイエット効果を得られるものがほとんどです。
(脂肪吸引のような侵襲性のあるものであれば、一度で効果を実感できます)

そのような中、クルスカ・エリートは1回の施術によって
視覚的にもわかる変化を実感できたことに、ご本人も大変驚いていらっしゃいました。

脂肪吸引などの侵襲のある施術は避けつつ、
できるだけ少ない回数で皮下脂肪を減らしたい方にクルスカ・エリートは大変お勧めできる施術です。

「一度の施術で効果を実感したい」
「できるだけ早く痩身効果を得たい」

そんな際にはぜひクルスカ・エリートをご検討ください。
当院のクスルカ・エリート詳細はこちら

<本ブログの症例に関する情報>

施術名:クールスカルプティング・エリート 費用:1部位 44,000円 
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:凍傷、知覚麻痺、色素沈着、色素脱失、硬結、皮膚陥凹、しわ形成、皮膚壊死など 施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

監修者情報
美容外科・美容皮膚科 みずほクリニック院長

札幌医科大学・大学院卒業。米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)後、札幌医科大学・形成外科 助教、北海道砂川市立病院・形成外科 医長、大塚美容形成外科入職(大塚院・金沢院・名古屋院など)を経て、2014年みずほクリニック開院。形成外科・美容形成外科での豊富なオペ実績とあわせ、レーザー治療や注入術へ対する独自理論を追求し、患者様の理想とする姿を目指し的確でスピーディな結果を出すことに意欲を注ぐ。
免許・資格:日本形成外科学会・認定専門医、日本美容外科学会・正会員、医学博士