みずほクリニックTOP » 症例写真集 » 美容外科 » おとがい骨切り術

みずほクリニック症例写真集Case

当院で施術を行った方の術前後写真の一部をご紹介します。

※施術内容、価格、副作用・リスク等は当該施術を行った時点の情報となります。最新情報はクリニックまでお問い合わせください。

おとがい骨切り術

術前

術後

ドクターによる症例解説

術前

下あごの先端(おとがい)が長く、かつ後方に後退していることを気にされて当院にご相談に来られた24歳の女性です。全身麻酔下にてオトガイ骨を水平かつ平行に並ぶ2ラインで切って除去し、中抜きして前方に出す手術(おとがい骨切り術)を行いました。(俗に“ダルマ落とし”などとよく呼ばれる手技です。)
なお、おとがい骨切り術は、あごに関する様々なお悩み改善に応用ができ、今回の施術の別バージョンとして、おとがいを後ろに下げたり(=出っ張った顎をひっこめる)、斜めに切って左右にずらしたり(=顎の左右差を改善する)することで顎のラインを整えることも可能です。ちなみに顎を下方に伸ばしたい際には別途プロテーゼを骨上もしくは骨膜上に挿入することでラインを形成します。

術後

手術では、オトガイ骨の先端を6mmほどの幅で切り出し、中抜きをして顎を先端にスライドさせるように前方にずらして、チタンプレートにて2箇所固定しました。写真は術後3ヶ月目の状態です。自然なカーブラインで、オトガイ(下顎先端)が前方に出たことが分かります。

<症例に関する情報>

治療名:おとがい骨切り術
費用:660,000円 モニター価格:550,000円
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:内出血、知覚麻痺、左右差、骨接合面の段差、感染、骨壊死、顎下のたるみなど
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

施術法詳細はこちら

おとがい(顎骨)骨切り術

頰骨削り術(体部+弓部)

術前

術後

ドクターによる症例解説

術前

頰骨の突出感を和らげたいとして当院にご来院された24歳の女性です。
頰骨体部(前面)と頰骨弓部(側面)の骨の出っ張りを削る、いわゆる「頰骨削り術」を行っています。全身麻酔下において、口腔内切開(上口腔前庭切開)で頰骨体部にアプローチし、頰骨弓部へは耳前部のもみあげ内の皮膚切開でアプローチします。その後、電動の回転ヤスリを使って骨を少しづつ削って滑らかに仕上げて行きます。頬骨削り術は、一般的に両側で2時間程度の手術となります。術後の腫れ・内出血には個人差はありますが、改善するまでには1ヶ月程度を要します。

術後

頬骨骨削り術後3ヶ月後の状態です。頰骨の突出感が目立たなくなり、側面から見ると滑らかな、美しいプロフィールの条件とされる「オージーカーブ」が形成されています。頬骨骨削り術は、切開が口の中と耳前部のもみあげの毛髪内のため、術後に傷跡が外から全く見えない点がメリットです。

<症例に関する情報>

治療名:頬骨骨削り術(体部+弓部)
費用:880,000円 モニター価格:770,000円
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:腫れ、内出血、傷跡、顔面神経麻痺、知覚麻痺、左右非対称、感染、血腫、漿液腫など
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

施術法詳細はこちら

頬骨骨切り・頬骨骨削り

監修者情報
美容外科・美容皮膚科 みずほクリニック院長

札幌医科大学・大学院卒業。米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)後、札幌医科大学・形成外科 助教、北海道砂川市立病院・形成外科 医長、大塚美容形成外科入職(大塚院・金沢院・名古屋院など)を経て、2014年みずほクリニック開院。形成外科・美容形成外科での豊富なオペ実績とあわせ、レーザー治療や注入術へ対する独自理論を追求し、患者様の理想とする姿を目指し的確でスピーディな結果を出すことに意欲を注ぐ。
免許・資格:日本形成外科学会・認定専門医、日本美容外科学会・正会員、医学博士