みずほクリニックTOP » 症例写真集 » 美容外科 » 太ももの脂肪吸引

みずほクリニック症例写真集Case

当院で施術を行った方の術前後写真の一部をご紹介します。

※施術内容、価格、副作用・リスク等は当該施術を行った時点の情報となります。最新情報はクリニックまでお問い合わせください。

施術法詳細はこちら

脂肪吸引

みずほ式レーザートーニングによる複合的なしみ治療(ADM, 肝斑, 日光性色素斑)

術前

術後5ヶ月目

ドクターによる症例解説

術前

下瞼および頬の境界部あたりを中心に、肝斑、ADMおよび一部に日光性色素斑(老人性色素斑)が混ざっており、様々なしみが顔全体に存在する40歳の女性です。
こういったケースでは、いきなりQスイッチレーザー(ルビー、アレキ、ヤグ)で日光斑、ADMを除去しようとすると肝斑を悪化させてしまう可能性が高いです。また、通常のレーザートーニング治療は肝斑には効果があるかもしれませんが、ADMや日光性色素斑(老人性色素斑)を除去ないし薄くするには力不足で、治療の選択が非常に難しいケースであると言えます。
そこで今回は、ヤグレーザーの強めのピンポイント照射と通常のトーニングおよび、照射径を小さく絞った若干強めのトーニングの3つを組み合わせて照射することで、肝斑を薄くしつつ点状・斑状のADMおよび日光性色素斑(老人性色素斑)の除去を試みました。この当院オリジナルの照射方法(みずほ式レーザートーニング)は、ダウンタイムを最小限に抑える工夫です。

術後5ヶ月目

約2週間に1回程度の頻度で、10回の照射が終了した状態です。
完全除去にまでは至っていませんが、肝斑、ADM、日光性色素斑(老人性色素斑)のいずれもがかなり薄くなり目立たなくなっています。
Qレーザーのように照射部位にカサブタを作らず、レーザー照射後の炎症後色素沈着(戻りじみ)を生じさせずに回数をかけて少しづつシミを薄くする方法です。以前はかなり化粧を厚塗りしないと隠せなかったしみが、薄い化粧で隠れるようになったので楽になったとのことでした。

<症例に関する情報>

治療名:レブライトSI  費用:22,000円/回 1か月毎に10回照射
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:腫れ、内出血、水疱形成、熱傷、熱傷による色素沈着など
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

施術法詳細はこちら

レーザートーニング

監修者情報
美容外科・美容皮膚科 みずほクリニック院長

札幌医科大学・大学院卒業。米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)後、札幌医科大学・形成外科 助教、北海道砂川市立病院・形成外科 医長、大塚美容形成外科入職(大塚院・金沢院・名古屋院など)を経て、2014年みずほクリニック開院。形成外科・美容形成外科での豊富なオペ実績とあわせ、レーザー治療や注入術へ対する独自理論を追求し、患者様の理想とする姿を目指し的確でスピーディな結果を出すことに意欲を注ぐ。
免許・資格:日本形成外科学会・認定専門医、日本美容外科学会・正会員、医学博士