池袋の美容皮膚科・美容外科ならみずほクリニック

美容外科・美容皮膚科形成外科・一般皮膚科池袋駅西口・完全予約制

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • ご予約・お問い合わせ:03-3987-1161

唇のしみ・色素沈着は一発で取れます

2021年02月15日(月) | カテゴリ:美容皮膚科, しみ

唇のしみやホクロのご相談を受けることがしばしばあります。

どちらもレーザーによる除去が可能で、ほとんどの場合1回でとれます。
クリニックによって取り方は様々ですが、当院の方針は、

〇ホクロ:炭酸ガスレーザーで削り取り、気持ちやや深く除去する。
(根を残さないため)
〇唇のしみ:Qスイッチ・ルビーレーザーで取る。

としています。

炭酸ガスレーザーによるホクロの削りは若干気を使います。

唇は傷の治りのとても良い場所なので、
深く取ったとしても顔の他の場所のように凹んで
クレーターになったりはしないのですが、
稀に白抜け(色素脱失)してしまうことがあります。

そのため、わずかにへこむ程度の削り方ならOKですが、
仮に取り残しを出してでも、あえて2回に分けるなどの
丁寧さ、慎重さが求められます。

一方唇のしみに対するQスイッチ・ルビーレーザーでは
白抜けするリスクは炭酸ガスレーザーほどではありませんが、
こちらも出力設定を強く打ち過ぎると白抜けすることはあります。

では白抜けしてしまった場合いったいどうするのか?

その場合は白抜けしてしまった部分の皮膚をくり抜いて
縫合するという手術により治すほかありません。

まあ、もちろんそうはならないよう十分に考えて治療するのが
ベストなわけですが。。。

実際の症例を見てみましょう。




上下唇に多数の点状の細かいしみを認める27歳の男性で
これを出来るだけ全て1回で取って欲しいというご相談を受けました。





上は、目立つしみ全てにQスイッチ・ルビーレーザーを打って
約1.5ヶ月目の状態を示します。

目立った白抜けを起こすことなく、ほぼ100%を1回の治療で取りきっています。

このように顔のしみと違って唇の場合は、
複数回ではなく1回でとりきれることがほぼ全例です。

少なくとも私の経験では、目立つ色素沈着や傷跡が残ったことはありません。

これは、唇という部位の特殊性によりメラニンの排出・代謝が早く、
傷の治りも通常の顔面の他部位の皮膚よりもかなりいいということが関係しています。

それゆえ目立ったダウンタイムが少ないため、
患者様には私としても非常にお勧めしやすい治療となっています。

今回は、唇のしみの症例を紹介しましたが、
唇のホクロの治療例もわかりやすい写真が入手出来たら、
別の機会にあわせてご紹介したいと思います。

お悩みの方は是非一度ご相談くださいませ。
Qスイッチ・ルビーレーザーによるしみ治療詳細はこちら
炭酸ガスレーザーによるホクロ除去治療はこちら



<本ブログの症例に関する情報>

治療名:唇のしみ治療  費用:66,000円(税込) 
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:熱傷、水疱、色素脱失(白抜け)、傷跡など
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ


  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • ご予約・お問い合わせ:03-3987-1161
池袋西口の美容皮膚科・美容外科みずほクリニック院長のブログです。当院では美容医療だけではなく、逆さまつ毛、眼瞼下垂、ワキガ治療などの保険診療も行っており、少しでも幅広く、地域の医療振興に貢献できればと考えております。