池袋の美容皮膚科・美容外科|みずほクリニック

美容外科・美容皮膚科形成外科・一般皮膚科池袋駅西口・完全予約制

  • 無料メール相談
  • カウンセリング予約
  • ご予約・お問い合わせ:03-3987-1161

みずほクリニック症例写真集Case

当院で施術を行った方の術前後写真の一部をご紹介します。

※施術内容、価格、副作用・リスク等は当該施術を行った時点の情報となります。最新情報はクリニックまでお問い合わせください。

しみ・肝斑 ・ADMなど

Qスイッチレーザーによるしみ除去

術前

術後

<症例に関する情報>

治療名:Qスイッチ・ルビーレーザー
費用:1回 11,000円
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:腫れ、内出血、水疱形成、熱傷、熱傷による色素沈着など
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

施術法詳細はこちら

Qスイッチ・ルビーレーザー

アコレード(Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー)によるしみ除去

術前

術後

術前

術後

<症例に関する情報>

治療名:アコレード(Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー)によるしみ除去
費用:両頬と両下瞼 1回22,000円~55,000円(しみの個数による)
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:熱傷、水疱形成、色素沈着、色素脱失、表皮剥離など
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

アイコンによるニキビ跡(赤み)治療

術前

術後

ドクターによる症例解説

術前

ニキビ跡の赤みを気にされて、当院を受診した24歳の女性です。
ニキビ跡の治療は、色味(赤みor色素沈着)と凹凸、毛穴の開大の治療に大別されます。凹凸、毛穴の開大については、フラクショナルレーザー(1540nm)やピコレーザー(ピコシュアによるフラクショナル照射)を用いることが多いですが、赤みに対してはアイコンもしくはフォトフェイシャルM22(Vascular filter)を主に使っています。現在いろいろな光治療機(IPL)がありますが、私が使用してきた中ではこれら2機種がニキビ跡の赤み改善については断然強いです。アイコン(MaxGハンドピース使用)を使用し1ヶ月ごとに20msec, 40-42J+ 10msec, 38Jの2pass照射を5回繰り返しました。

術後

合計5回照射後の結果を示します。5ヶ月を要しましたが、施術前に比べニキビ跡の赤みが大幅に改善しています。当院では、アイコン、M22といった光治療機の他に、Vビーム、ロングパルスヤグ(エクセルV)など赤み専用の治療機が大変充実しています。
一般的に言って、複数の種類のレーザー、光治療機をより多く組み合わせれば組み合わせるほどさらにクォリティの高い結果が得られるため有利です。これは、赤み治療に限らずシミ除去、美白、タイトニング、凹凸治療といった肌の光・レーザー治療全般に通じる共通ルールと言えます。

<症例に関する情報>

治療名:アイコン(フォトフェイシャル)によるニキビ跡治療
費用:22,000円/回 ※5回照射
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:腫れ、内出血、水疱形成、熱傷、熱傷による色素沈着など
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

施術法詳細はこちら

アイコン

ピコレーザーによるADM除去

術前

術後

ドクターによる症例解説

術前

しみを取りたいと当院を受診された29歳の女性です。
下瞼および両頬骨部から目尻にかけて、点状および斑状のくすんだ色のしみが散在します。しみの色調・形状・分布パターンからADMと診断しました。通常はQルビーレーザーで除去出来るタイプのしみですが、炎症後色素沈着などのダウンタイムの長さを考えてピコレーザーを用いて回数を掛けて少しづつ薄くすることとなりました。

術後

ピコレーザーには、スポット照射(ピンポイント照射)とトーニング、フラクショナルの3つの照射方法がありますが、ADM治療ではスポット照射単独を行います。パルス幅を最短の550psとして、口径2.4mm-2.6mmで打ちました。
1ヶ月ごと5回の照射でかなり色調が薄くなり、ほぼ取りきれつつある印象です。途中経過において、一度も炎症後の色素沈着といった副作用もなく薄くすることが出来ました。この方の場合、元々の肌の色が白いということもあり炎症後色素沈着を起こしづらいということがありますが、より肌の色調の暗い方では数週間で回復するレベルですが色素沈着を起こすこともあります。

<症例に関する情報>

治療名:ピコシュア/ADM治療:スポット照射  費用:22,000円/回
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:水疱、熱傷、炎症後色素沈着、色素脱失(白斑)、長引く紅斑など
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

施術法詳細はこちら

ピコレーザー(ピコシュア)

みずほ式レーザートーニングによる複合的なしみ治療(ADM, 肝斑, 日光性色素斑)

術前

術後5ヶ月目

ドクターによる症例解説

術前

下瞼および頬の境界部あたりを中心に、肝斑、ADMおよび一部に日光性色素斑(老人性色素斑)が混ざっており、様々なしみが顔全体に存在する40歳の女性です。
こういったケースでは、いきなりQスイッチレーザー(ルビー、アレキ、ヤグ)で日光斑、ADMを除去しようとすると肝斑を悪化させてしまう可能性が高いです。また、通常のレーザートーニング治療は肝斑には効果があるかもしれませんが、ADMや日光性色素斑(老人性色素斑)を除去ないし薄くするには力不足で、治療の選択が非常に難しいケースであると言えます。
そこで今回は、ヤグレーザーの強めのピンポイント照射と通常のトーニングおよび、照射径を小さく絞った若干強めのトーニングの3つを組み合わせて照射することで、肝斑を薄くしつつ点状・斑状のADMおよび日光性色素斑(老人性色素斑)の除去を試みました。この当院オリジナルの照射方法(みずほ式レーザートーニング)は、ダウンタイムを最小限に抑える工夫です。

術後5ヶ月目

約2週間に1回程度の頻度で、10回の照射が終了した状態です。
完全除去にまでは至っていませんが、肝斑、ADM、日光性色素斑(老人性色素斑)のいずれもがかなり薄くなり目立たなくなっています。
Qレーザーのように照射部位にカサブタを作らず、レーザー照射後の炎症後色素沈着(戻りじみ)を生じさせずに回数をかけて少しづつシミを薄くする方法です。以前はかなり化粧を厚塗りしないと隠せなかったしみが、薄い化粧で隠れるようになったので楽になったとのことでした。

<症例に関する情報>

治療名:レブライトSI  費用:22,000円/回 1か月毎に10回照射
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:腫れ、内出血、水疱形成、熱傷、熱傷による色素沈着など
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

施術法詳細はこちら

レーザートーニング

1 / 3123
監修者情報
美容外科・美容皮膚科 みずほクリニック院長

札幌医科大学・大学院卒業。米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)後、札幌医科大学・形成外科 助教、北海道砂川市立病院・形成外科 医長、大塚美容形成外科入職(大塚院・金沢院・名古屋院など)を経て、2014年みずほクリニック開院。形成外科・美容形成外科での豊富なオペ実績とあわせ、レーザー治療や注入術へ対する独自理論を追求し、患者様の理想とする姿を目指し的確でスピーディな結果を出すことに意欲を注ぐ。
免許・資格:日本形成外科学会・認定専門医、日本美容外科学会・正会員、医学博士