土日祝も受付

03-3987-1161

受付時間/10時~19時

脂漏性皮膚炎の治療(アクネトレント)
menu
TOP/ 診療一覧/ その他(婦人科形成・アートメイクなど)/  脂漏性皮膚炎の治療(アクネトレント)

脂漏性皮膚炎の治療(アクネトレント)

頭皮のフケ・赤み、眉毛や眉間、鼻の脇の赤み…
頑固な脂漏性皮膚炎も、飲み薬だけで治す方法があります。

アクネトレント

脂漏性皮膚炎は、思春期以降の年齢、特に30代、40代に多く生じる症状です。頭皮のフケが急に多くなったり、顔面(特に眉毛・眉間・鼻の脇・鼻唇溝など)において赤みが増し、細かなフケ様の粉をふいたような状態となった場合、脂漏性皮膚炎の発生を強く疑います。当院へ「赤ら顔を何とかして欲しい」として訪れる患者様のうち、1割ほどに脂漏性皮膚炎の方を認めます。
脂漏性皮膚炎は一般的に皮膚科領域(保険診療)の疾患と考えられ、実際皮膚科を受診される患者様が多いと思います。皮膚科では一般的な治療パターンとして、ステロイドの外用薬やケトコナゾールなどの真菌薬を処方されますが、一時的に改善しても再発率が高く、完治にまではいたらないケースがほとんどであり、慢性的な症状が続く病気の一つと言ってもよいでしょう。

それは何故か?そもそも脂漏性皮膚炎の原因には過剰な皮脂の分泌があり、これを栄養分として皮膚の常在菌であり真菌(カビ)の一種であるマラセチア属(Malassezia, マラッセジアとも)が過剰に増殖することで、皮脂の構成成分の1つであるトリグリセリドをマラセチアが分解して遊離脂肪酸を作り出します。これが皮膚を刺激し炎症が起こり、皮膚の赤みと鱗屑(りんせつ:フケ様の粉)を発生させます。かゆみなどはかなり強い炎症が生じない限り発生はしませんが、整容的・美容的視点からマイナス要因としてストレスを感じる方が男性・女性問わず多く、生活の質(QOL)を著しく下げてしまいます。

以上の脂漏性皮膚炎の発生機序を考えればわかることですが、マラセチアの増殖や皮膚の炎症はあくまで皮脂の過剰分泌を元の原因として発生する結果の方であり、これらに対する抗真菌薬やステロイドの外用療法などは対症療法であることが分かるかと思います。例えるなら、風邪の時に熱を下げる解熱剤を使うのと同じ事です。もちろん既存のこれらの治療法は決して間違った治療法ではないのですが、根本的な治癒には結びつきづらいということもまた事実であることがご理解頂けるかと思います。
それでは、この病態の根本原因である皮脂の分泌をおさえるのにはどうしたら良いのでしょうか?

当院は、以前からニキビの根本治療法として内服薬の「アクネトレント」(ロアキュタン)という薬を使用して、重症の難治性ニキビを数多く治してきた経験からこの薬が皮脂の分泌を強力に抑えるということを知っていました。そこで、数年前から外来に赤ら顔治療希望で訪れる患者様の中にしばしば見られる脂漏性皮膚炎の方を見つけては、この薬を処方してきました。すると10年来など長期間にわたり悩み続けた皮膚の赤みと粉をふいたような肌が、みるみるうちに改善して健康な肌が取り戻されてゆくことを発見したのです。
一般に、脂漏性皮膚炎の原因として食生活の偏りによる油分の取り過ぎとビタミンB群の不足が指摘されてきましたが、この皮膚疾患で治療の鍵を握るのはむしろビタミンAではないかと当院では考えています。なぜならこの治療薬アクネトレントの成分は超高用量のビタミンAそのものだからです。
ビタミンAは、皮脂の分泌が抑えるだけでなく表皮の角質代謝を正常化する働きがあります。これにより、マラセチアの餌となる皮脂が減少するだけでなくフケ様の鱗屑が発生するのを防ぎます。皮膚の機能を正常化する上で、ビタミンBやビタミンCは以前から重要なビタミンとして世間一般において認知度が高いのですが、最も原始的でありながら基本的なビタミンとされるビタミンAの役割がスキンケア全般において今一度見直されるべきと私個人としては常日頃から考えています。

脂肪注入が可能な部位

脂漏性皮膚炎が治りづらい理由

以下に示すように、一度脂漏性皮膚炎が発生すると負のスパイラルに陥りやすく、抗真菌薬やステロイドの外用のみではこの連鎖反応を食い止めることはかなり困難です。

  • 皮膚の乾燥など何らかの原因によりいったん皮膚のバリア機能が低下する。
  • 皮膚は、皮脂の分必量を増加させて乾燥から身を守りとバリア機能を回復しようと頑張る。
  • 皮脂の増加によりこれを栄養源(餌)としてマラセチアが増殖。
  • マラセチアが皮脂成分のトリグリセリドを分解して遊離脂肪酸を生じさせる。
  • 遊離脂肪酸により皮膚が炎症を起こす。
  • 炎症によりバリア機能が障害される。
  • バリア機能を回復させようとしてさらに皮脂が分泌される。(以下同繰り返し)

この負の連鎖を断ち切るために、皮脂の分泌を抑えるアクネトレントの内服と同時に保湿をしっかり行うことが重要です。当院では特に保湿性の高いドクターコスメなどのご用意もありますのでご相談ください。

施術の特長

完治した症例が多数あります
今までに、抗真菌薬やステロイドの外用など一般的な皮膚科治療により改善が見られなかったか、一時改善したが繰り返し再発を繰り返すケースでも、当院のアクネトレントの内服治療によって完治したケースが多くあります。
副作用はわずかです
アクネトレントは使い初めに唇に乾燥が生じますが、リップクリームを1日数回塗布する程度でしのげるレベルです。まれに皮膚の代謝が亢進して、皮むけや皮膚が粉をふいたように見えることが一時的にありますが、数日程度でおさまります。敏感肌などで皮膚のダウンタイムが気になる際には、最初の2週間を低用量で使用してまずは肌のコンディションを整えることで、その後は目立った副作用なく継続することができる治療です。
赤み治療が同時に可能
脂漏性皮膚炎のある患者様は大概赤ら顔であることが多く、むしろ赤ら顔治療を目的として当院へ来院される方が多いです。アクネトレントの内服によって脂漏性皮膚炎が治癒すると、それにともなって赤ら顔も少しずつ回復しますが、脂漏性皮膚炎治療と同時進行で別途、赤ら顔の治療も希望される患者様も多くいらっしゃいます。具体的には、皮膚の赤みは血液の色のため皮膚の余剰な血管を萎縮させつつ消退させる作用のあるレーザーを月1回程度の頻度で照射します。このような効果を持つレーザー、光治療機は数多くありますが、特にメジャーな機種6種類(Vビーム2、エクセルV、アイコン、フォトフェイシャルM22、エリートプラス、ジェントルマックスプロ)を選りすぐり、当院では取り揃えています。これらのラインナップからも、当院が赤ら顔治療に真摯に取り組んでいるクリニックであることが十分お分かり頂けるかと思います。

効果目的

  • 脂漏性皮膚炎
  • 赤ら顔治療
  • 皮脂分泌抑制(オイリースキン・あぶら症の治療)

施術の流れ

  1. 医師の診察後、処方可能と判断された場合に内服薬(アクネトレント)を処方します。
  2. 希望や症状にあわせてレーザー・光治療を行う場合もあります。
  3. 初回処方後2週目に肌のコンディションを再診します。
  4. 以後、薬がなくなる約1ヶ月ごとの再診を6ヶ月ほど繰り返します。
本施術はオンライン診療が可能です

料金

脂漏性皮膚炎の治療
(アクネトレント)
10mg 30日分/30錠 11,000円
20mg 30日分/30錠 13,200円

※記載料金は予告なく変更することがございます。またカウンセリング・診察時にご提示したお見積について、有効期間は提示日より3か月とさせていただきます。

※1ヶ月ごと6回程度の処方

施術情報

  • 通院
    内服薬の処方時
  • 治療期間
    6ヶ月程度(個人差あり)
  • 持続性
    個人差あり。効果維持には定期的治療が必要な場合もあります。
  • 副作用
    皮膚の乾燥、皮むけ、体のかゆみ、ドライアイ

使用禁忌:以下の方は本内服薬の使用は出来ません。

  • ピーナッツおよび大豆アレルギーのある方は使用出来ません。
  • ビブラマイシンなどテトラサイクリン系抗生物質を使用中の方は使えません。
  • 妊活中や妊娠の可能性がある女性は使えません。
  • 男性も妊活予定がある場合は、使用中止から3ヶ月は妊活開始まで間をあける必要があります。
  • 12歳以下の小児
  • 授乳中の女性
  • うつ病のある方

Doctor

院長・監修者情報

みずほクリニック 院長 小松磨史(こまつ きよし) 美容外科・美容皮膚科 みずほクリニック院長

札幌医科大学・大学院卒業。米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)後、札幌医科大学・形成外科 助教、北海道砂川市立病院・形成外科 医長、大塚美容形成外科入職(大塚院・金沢院・名古屋院など)を経て、2014年みずほクリニック開院。形成外科・美容形成外科での豊富なオペ実績とあわせ、レーザー治療や注入術へ対する独自理論を追求し、患者様の理想とする姿を目指し的確でスピーディな結果を出すことに意欲を注ぐ。免許・資格:日本形成外科学会・認定専門医、日本美容外科学会・正会員、医学博士 医師紹介はこちら

CONTACT

ご予約・ご相談

土日祝も受付

03-3987-1161

受付時間/10時~19時

ACCESS

池袋の美容皮膚科・美容外科なら「みずほクリニック」

〒171-0014
東京都豊島区池袋2-2-1ウイックスビル4階
各線「池袋駅」西口C6出口徒歩1分

TEL.03-3987-1161
時間:10時~19時(完全予約制)
休診:不定休

無料
メール相談
お電話
予約
Web予約