茶アザのようでそうではない、皮膚腫瘍 | 池袋の美容皮膚科・美容外科ならみずほクリニック

美容外科・美容皮膚科形成外科・一般皮膚科池袋駅西口・完全予約制

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • ご予約・お問い合わせ:03-3987-1161
みずほクリニックTOP » ブログ » 美容皮膚科 » その他の美容皮膚科 » 茶アザのようでそうではない、皮膚腫瘍

茶アザのようでそうではない、皮膚腫瘍

2017年11月27日(月) | カテゴリ:その他の美容皮膚科

今回は、診断が難しかった皮膚腫瘍(あざ)の症例です。

下は、左下瞼に褐色の色素斑を認める27歳の女性です。

ちょうどクマのラインをふち取るように、帯状に色が入っており、
いかにもクマが目立つので取って欲しいとのことでした。

2017112701

クマに沿ってある溝状のへこみはヒアルロン酸注入でフラットにしてしまえばこと足りますが、
色味に関しては注入治療ではどうにもなりません。

※ちなみに当院のIPLマシン「アイコン」を使用したフラクショナルレーザー治療は、
下瞼の色味(青かったり、赤黒かったりする色)に対して一定の効果を発揮します。

一見色味的に扁平母斑にも見えたため、Qスイッチルビーレーザーを5Jで照射してみました。

下が、その1ヶ月後の状態。

2017112702

まったく変わらずで、びくともしません。

目回りの皮膚は薄いので、5J程度でも効くことが多いはずですが、
もう少し強く当てることも考えました。

しかし、もし扁平母斑ならこの部位で弱くかけたとしても全く変化なしというのもおかしな話です。

よく見ると表面に、微妙な凹凸があるようにも思われ、
ひょっとして扁平母斑ではなく表皮母斑だったか? と思いなおし
今度は炭酸ガスレーザーで表面を削り取ることとしました。

2017112703


そして、炭酸ガスレーザーで削って1ヶ月目が上の状態です。

削ったことにより生じた色素沈着とあいまってむしろ濃くなってしまっているようにも見えます。
少し根の深いアザ?腫瘍? はたして分からなくなってきました。


そこで、思い切って切除縫合してしまうことを患者さんに提案しました。

この部分の傷跡は、かなり良く治り目立たなくなることを説明して切除縫合することとなりました。

もちろん、とれたサンプルを病理検査に出していったい何なのか調べます。


2017112704

そして、上が切除縫合手術後4ヶ月目の状態。

腫瘍の再発はなく、傷跡も目立ちません。

下瞼の皮膚は、薄く弾力に富み非常によく伸びるので、ホクロを含めこの部分の出来物の切除縫合は、
傷跡が最終的にほぼ分からなくなるためお勧めです。



ところで、この茶色い皮膚腫瘍は、結局いったい何だったのだろうか?
と思っていたところ、上がってきた病理検査の結果レポートを見て驚きました。

正解;単純性血管腫 Hemangioma simplex

そうだったのか。血管腫といえば赤いものだとばかり思い込んでいましたが、
こんな茶色っぽい色をしたものもあるのかと意外でした。

これでは、QスイッチレーザーやCO2レーザーで取れないのも当然です。

長くやっていますが、皮膚腫瘍の診断にはまだまだ難しいものもあるのだなと感じました。