副耳の除去手術(保険適用) | 院長ブログ|池袋の美容皮膚科・美容外科なら「みずほクリニック」

美容外科・美容皮膚科形成外科・一般皮膚科池袋駅西口・完全予約制

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • ご予約・お問い合わせ:03-3987-1161
みずほクリニックTOP » ブログ » その他 » 副耳の除去手術(保険適用)

副耳の除去手術(保険適用)

2017年08月14日(月) | カテゴリ:その他, 刺青・傷跡修正など

皆様、副耳(ふくじ)というものをご存知でしょうか?
大きな耳タブ=「福耳(ふくみみ)」ではありません。

副耳の多くは、耳珠(トラーガス)付近に生じる皮膚の出っ張りであり、
中に軟骨の軸を含むものとそうでないものがあります。

実は、あまり一般的な認知度が低くマイナーなこともあり、
今回患者さんがたまたま来られたのを機に症例を1例ご紹介してみようと思いました。

耳から離れて、耳の穴と口角を結ぶライン上にイボ状の皮膚の出っ張りとして生じることもあります。
生まれつきのものであり、出生1000人に対して15人程度の発生とされます。

子供のころに小児科から形成外科を紹介されて全身麻酔下で切除手術を行っていることも多いのですが、
無害という理由で大人になるまで放置されているケースもあるようです。

その昔、大学病院に勤めていた時は実に良く取ったものです。

現在当院への耳関係のご相談としては、
立ち耳、耳垂裂などがあり、その他は副耳・耳前瘻孔などもあるにありますが、
耳ということで耳鼻科に行ってしまうことも多いようです。

実は当院では、保険を使用しての副耳の切除治療も行っております。(中学生以上に限ります)

都心の美容外科・美容皮膚科を標榜しているクリニックで
このような保険治療を行っているクリニックも珍しいかとは思いますが、
地域に密着して、地元住民の皆さんに自分のカバーしている全ての領域で医療サービスを
提供することで役立ちたいという思いで立ち上げたクリニックなので、
どんなに自由診療が忙しくなっても形成外科の保険診療は今後も手放したくないと考えています。

下は、耳珠にイボのような突起物が生えているので取って欲しいということで、
当院を受診された、29歳の女性です。

髪を耳にかけてしまえば分からないとも言えますが、自分の中でのコンプレックスだったとのことで、
今回思い切って取ってしまいたいということで来院されました。

2017081401
下は、術後3ヶ月目の状態です。
縫合部のそばに、わずかな赤みを認めますが正常な耳珠の形となっています。

2017081402

副耳除去の治療の流れは、
1 局所麻酔
2 軟骨を含めて突起部分の切除 
3 皮膚縫合

の3ステップで、わずか10分ほどで終了します。

基本的にホクロを取るような感覚で施術を受けてもらえれば良いかと思います。
通院は、1週間後の抜糸の1回くらいで他はいりません。

今回のように、子供のころからある耳周りのイボ状の突起物は「副耳」である可能性が高く、
簡単に治療可能ですので、もし、このブログを見た方がいらっしゃいましたら
当院までご相談頂ければと思います。お待ちしております。
無料カウンセリングのご予約はこちらからどうぞ。

<本ブログの症例に関する情報>

治療名:副耳除去(切除縫合) 費用:11,000円
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:皮膚の傷跡、傷口の化膿など
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ