みずほクリニックTOP » 症例写真・ビフォー アフター画像の紹介 » 美容外科 » 小顔・輪郭整形(骨切り術) » 下顎セットバック+オトガイ形成(受け口・顎の長さ改善)
みずほクリニック症例写真・ビフォー アフター画像の紹介Case

当院で施術を行った方の術前後写真の一部をご紹介します。

※施術内容、価格、副作用・リスク等は当該施術を行った時点の情報となります。最新情報はクリニックまでお問い合わせください。

小顔・輪郭整形(骨切り術)

下顎セットバック+オトガイ形成(受け口・顎の長さ改善)

「下顎セットバック+オトガイ形成(受け口・顎の長さ改善)」の症例写真・ビフォーアフター
「下顎セットバック+オトガイ形成(受け口・顎の長さ改善)」の症例写真・ビフォーアフター

ドクターによる症例解説

術前

受け口(反対咬合)とアゴの長さが気になるとご相談に来られた28歳男性です。カウンセリングと各種検査の結果から、受け口(反対咬合)は下顎セットバック(下顎前歯部歯槽骨切り術)で、またアゴの長さについてはオトガイ形成術(オトガイ短縮)で改善させることとしました。

術後

正面の写真をはじめとして、特徴的だったアゴの長さが改善されているのがお分かりいただけますでしょうか。また、下唇が内側に入ったことによって正常な上下の口唇の関係に改善され、Eライン(横から見た際の鼻先・口先・アゴ先のライン)が一直線に形成されております。(術後横顔の斜め線ご参照)

口腔内の写真で術前後を比べてみても、反対咬合が正常咬合へと変化していることがハッキリと分かります。口腔外科分野における顎矯正手術は、審美的変化(顔貌)だけではなく、機能面(咬み合わせ)においても改善できているかどうかがポイントになると言ってもよいでしょう。

<症例に関する情報>

治療名:下顎セットバック(下顎前歯部歯槽骨切り術)、オトガイ形成術 費用:1,430,000円(モニター価格:1,320,000円) 治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:腫れ、内出血、知覚麻痺、骨壊死、骨髄炎、感染、左右非対称、顎下のたるみなど 施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

監修者情報
美容外科・美容皮膚科 みずほクリニック院長

札幌医科大学・大学院卒業。米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)後、札幌医科大学・形成外科 助教、北海道砂川市立病院・形成外科 医長、大塚美容形成外科入職(大塚院・金沢院・名古屋院など)を経て、2014年みずほクリニック開院。形成外科・美容形成外科での豊富なオペ実績とあわせ、レーザー治療や注入術へ対する独自理論を追求し、患者様の理想とする姿を目指し的確でスピーディな結果を出すことに意欲を注ぐ。
免許・資格:日本形成外科学会・認定専門医、日本美容外科学会・正会員、医学博士