土日祝も受付

03-3987-1161

受付時間/10時~19時

ミラドライ治療による失敗・後悔・再発について
menu
TOP/ 診療一覧/ その他(婦人科形成・アートメイクなど)/ わきが・多汗症治療/ ミラドライ/  ミラドライ治療による失敗・後悔・再発について

ミラドライ治療による失敗・後悔・再発について

ミラドライ治療による失敗・後悔・再発について

ミラドライは、わきや陰部、乳輪などのニオイが気になる部位にマイクロ波(電磁波)を照射し、汗やニオイの元となる汗腺(ニオイの元となるアポクリン腺、汗の元となるエクリン腺)を破壊することで症状を改善するマシンです。ミラドライはその効果について厚生労働省の認可を得ており、ミラドライ以外にもワキガ治療レーザーとして認知されているものはいくつかありますが、その中でも最も信頼性が高いマシンであると言えます。
ここでは、ミラドライ治療による失敗例や再発のリスク、術後のトラブルなど、ミラドライに関する失敗例や後悔について簡単にまとめてみました。いずれも施術時の照射方法などによって最大限防ぐことは出来ますが、ミラドライへの見解の相違やそれに伴う照射方法の違いなどによって生じてしまうこともあります。

ミラドライ後にニオイが再発した

ミラドライ後にニオイが再発した

ミラドライは1度の照射で70~80%の汗腺を破壊することができます。破壊された汗腺は二度と再生することはないため、ミラドライ照射後に汗腺の数が増えるということはありません。そのため多くの方は一度の施術でニオイや汗が改善したと実感し治療を終了しますが、皮下には20~30%程度の汗腺は残っているため、これらの汗腺によるニオイがどうしても気になるという方もいらっしゃいます。つまりミラドライ後のニオイの再発については、「再発」といよりも、残った汗腺によるニオイが原因となります。

当院で施術をされた方の中にも、どうしても残りのニオイが気になる、完全にニオイを消したいとのことで2回目のミラドライ照射を希望される方もおられます。

なお、一度の施術でよりしっかりと確実な効果を出したいという際には、より入念に時間をかけ、さらに照射法にも工夫を凝らした当院独自の照射プラン(ダブル照射Bプラン)も用意しています。

ミラドライ後なのにニオイが残っている

ミラドライ後なのにニオイが残っている

通常は1回のミラドライ照射によって70~80%の汗腺が破壊されるため、ほとんどの方は1回の施術で満足し治療を終了されますが、術後にもニオイが気になる原因として考えられるものとして、「初回のミラドライ照射時の出力が弱かった」という可能性もあります。ミラドライの照射方法や出力設定にはメーカー推奨のプロトコルはありますが、実際に現場で照射を行う際にはクリニックや施術する医師の方針等によって強弱をつけたり照射方法に工夫をするなど違いがあることがほとんどです。また、照射時の痛みや術後のダウンタイムは照射時の出力と比例するため、術後の赤みや腫れを最小限に抑えようとすると逆にミラドライによる施術効果があまり期待できなくなることもあります。

照射後に腫れ・赤みが生じるのは、その分しっかりとミラドライを照射した結果ということでもあり、術後の効果を高く実感できる反応である点はご理解いただければと思います。(もちろん出来るだけダウンタイムが生じないように、照射方法に工夫をしたり冷却をするなどの対策は行っております)

ミラドライ後に火傷が生じることはないのか

ミラドライは、わき等のニオイが気になる部位にマイクロ波(電磁波)を照射し汗腺を破壊するマシンです。皮下に存在する汗腺を熱によって焼灼する仕組みですので、相応の熱エネルギーが皮膚に加わることになります。といっても、効果や安全性に対して厚生労働省も認可しているミラドライについては、皮膚上に熱エネルギーが蓄積されない構造になっているため、火傷が生じるということはほぼありません。ごくまれに熱傷が起きることもあるようですが、これは医師の出力設置や照射方法のミスである可能性が高いのではないかと考えられます。

ミラドライ後にしこりができた

ミラドライ後にしこりができた

ミラドライ後にできるしこりは、照射によって汗腺周辺の組織が熱に反応し硬くなって生じるもので、多くの場合1~3か月程度で改善します。人によってしこりの量や大きさなどは異なりますが、ミラドライ後にしこりが生じるのは、逆にしっかりと汗腺が破壊されている証拠であると考えてもよいかもしれません。

なおミラドライ後のダウンタイム・副作用としては、しこりの他に、赤み、腫れ、むくみ等が生じることがあります。いずれも必要な出力で照射を行った結果生じる反応とも言えますので、できるだけこれらが生じないように照射方法などに工夫を行ってはおりますが、ダメージを受けた組織が元の状態に戻ろうとする過程の、正常な反応である点はご理解ください。

中学生・高校生など未成年へのミラドライ施術について

中学生・高校生など未成年へのミラドライ施術について

わきが・脇汗の悩みは、大人の方だけではなく未成年にも多い悩みです。ミラドライ治療は基本的に未成年の方(高校生以上)でも施術を行うことが可能ですが、未成年の方は身体が成長段階にあるため、汗腺が完全に発達していないことによって大人になってからわきがや多汗症が再発する可能性もあります。そのため本来は大人になってからの施術をお勧めしておりますが、ご本人の希望や親御様の心配などから、当院では未成年の方でもご要望があった際には施術を行っております。

ミラドライが適応ではない方

基本的にミラドライは男女・年齢など問わずどなたでも施術いただける治療になりますが、以下の方はご遠慮頂いております。

  • 妊娠中、授乳中の方
  • 心臓ペースメーカーなどの電子機器を装着している方
  • 腋窩付近に金属製のインプラントが埋め込まれている方や刺青のある方
  • 腋窩に悪性腫瘍や皮膚悪性腫瘍がある方

Doctor

院長・監修者情報

みずほクリニック 院長 小松磨史(こまつ きよし) 美容外科・美容皮膚科 みずほクリニック院長

札幌医科大学・大学院卒業。米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)後、札幌医科大学・形成外科 助教、北海道砂川市立病院・形成外科 医長、大塚美容形成外科入職(大塚院・金沢院・名古屋院など)を経て、2014年みずほクリニック開院。形成外科・美容形成外科での豊富なオペ実績とあわせ、レーザー治療や注入術へ対する独自理論を追求し、患者様の理想とする姿を目指し的確でスピーディな結果を出すことに意欲を注ぐ。免許・資格:日本形成外科学会・認定専門医、日本美容外科学会・正会員、医学博士 医師紹介はこちら

CONTACT

ご予約・ご相談

土日祝も受付

03-3987-1161

受付時間/10時~19時

ACCESS

池袋の美容皮膚科・美容外科なら「みずほクリニック」

〒171-0014
東京都豊島区池袋2-2-1ウイックスビル4階
各線「池袋駅」西口C6出口徒歩1分

TEL.03-3987-1161
時間:10時~19時(完全予約制)
休診:不定休

無料
メール相談
お電話
予約
Web予約