遅発性太田母斑をQスイッチルビー(保険適用)で取る | 池袋の美容皮膚科・美容外科ならみずほクリニック

美容外科・美容皮膚科形成外科・一般皮膚科池袋駅西口・完全予約制

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • ご予約・お問い合わせ:03-3987-1161
みずほクリニックTOP » ブログ » 美容皮膚科 » しみ » 遅発性太田母斑をQスイッチルビー(保険適用)で取る

遅発性太田母斑をQスイッチルビー(保険適用)で取る

2017年09月19日(火) | カテゴリ:しみ, 美容皮膚科

当院では、ADMはQスイッチルビーレーザーで除去することが多いです。

しかし、場合によってはQスイッチヤグレーザー(1064nm)を使うこともあります。

ルビーレーザーによるしみ・あざ治療の問題点として、

1.照射後1週間から10日ほど打った場所にカサブタが生じてしまう。
2.3週間から1ヶ月目くらいに炎症後色素沈着(PIH、戻りじみ)が出る。
3.打ってから結果が出るまで、3~6ヶ月ほどかかることがある。

の3点があります。

上記1,2の欠点を回避するために、
しみ・あざにヤグレーザーを高出力で当てることもありますが、

逆にヤグレーザーによるしみ・あざ治療の問題点としては、

1.ルビーレーザーほどは切れ味が良くないので回数がかかる。(3回以上)
2.強く打つと血管が破綻して点状の出血を生じる。(1週間以内には消える)
3.打ってから結果が出るまで、3~6ヶ月ほどかかる。

の3点があります。

3は、ルビー、ヤグともに共通の特徴ですが、
患者さんとしては治療を行うからには速効性を期待する方が多いこともあり、
施術前に相当念入りに説明しておく必要があります。

1, 2は、それぞれのレーザーに特徴的と言えますが、
それではヤグレーザー(1064nm)なら戻りじみが出ないか?と言われると
絶対に出ないとは言えず、まれには生じることがあり、
あくまで比較の問題で、ルビーよりもヤグのほうが多少強く打っても「戻りじみ」が
生じずらいという利点があります。

患者さん的に経過が楽なのは、おそらくヤグレーザーなのでしょうが
1回の治療である程度まとまった結果が欲しいという方には、
ルビーレーザーがお勧めです。

さて1回のルビーレーザーの照射治療でかなりADMが薄くなった症例が
上がってまいりましたので見てみましょう。


20170919_1

20170919_2
41歳の女性で、両頬骨部を中心に下瞼、鼻、コメカミから
一部上瞼の外側にまでしみを認めます。

ADMに特徴的な斑状の部分もありますが、
密集している頬骨部付近では斑状の部分と斑状の部分が癒合して地図状にも見えます。

それゆえに、よく肝斑と誤診されて通常のレーザートーニングが掛けられています。

このようなタイプのしみ(あざ)をもった方で、
他院で治療して全く効果がなかったので何とかして欲しいということで
当院に来られる患者さんが大変多いです。

このようなしみに、いくら光治療(フォトフェイシャル/IPL)を行ったところで
ほとんど変化がないのも当然です。

光治療では、深い真皮層にあるメラニンが取れることは絶対にないからです。

下は、Qスイッチルビーレーザーを1回照射して6ヶ月目の写真です。


20170919_3

20170919_4

7J/cm2 という比較的マイルドな条件で照射したこともあり、
まだわずかな色むらが残っていますが、かなりの改善です。

次回もし患者さんがこれ以上の治療結果を求めてきた時には
よりアグレッシブに9~10J/cm2での照射を勧めます。

出力を上げればそれだけ、戻りじみの期間が長引くことが予想されますが
患者さんとしてはこの治療がこのしみ(あざ)に有効なことを既に見て
理解してもらっているのでおそらくは、納得されるだろうと予想します。

そして、下は2回目9Jを照射後約4ヶ月目の結果です。

20170919_5

20170919_6

ここまでくるとさすがに、もう気にはならなくなったとのことで
いったん治療は終了となりました。

このように1~2回の治療でも明らかに目に見える効果が得られるのが
Qスイッチルビーレーザーの治療の最大の利点ですが、
もう一つ付け加えるなら、このタイプのしみ治療にルビーレーザーを使用した場合、
保険適用も可能な場合もあるということです。

しみ(あざ)の範囲・面積にもよりますが、
上の写真の方のような面積の場合数万円以内で治療費が済んでしまうのも魅力です。

ちなみにヤグレーザーには、保険適用はありません。

しかしもし、上記のような範囲にしみ治療として自由診療でレーザー治療を行うと、
高いところなら数十万円を請求される可能性もあるのでご注意下さい。

ただ、一般の方にはご自分のしみが日光性(紫外線、年齢によるもの)なのか、
肝斑なのか、はたまたアザ性のしみ(ADM)なのかは判断が難しい所だと思います。

ひょっとして自分のはそうかもと思われる方は、是非一度ご連絡ください。

メールに写真を添付して送って頂けるとおおよその判断が出来ますので、
コメントさせて頂きます。お待ちしております。
当院のしみ治療の詳細はこちらです。
症状によっては保険適用も可能なADM治療はこちらです。